秀桜会

用語集 Glossary

受験関連用語集

並行計算

並行計算(へいこうけいさん、英: Concurrent computing)とは、複数の計算あるいはアルゴリズムを、同一期間に同時実行させつつ相互に同調(コンカレント)させて、次の期間開始までに互いに完遂させるという計算形態を意味している。非同期なメッセージパッシングではその完遂の抽象化も可能になる。対義語は順次計算(シーケンシャル)である。並行コンピューティングとも邦訳される。並行プログラミング(Concurrent programming)とも言われる。
並行計算は、コンピュータプログラムやコンピュータネットワークの重要な特性であり、各プロセスの各スレッド制御などがその要点になる。並行計算下の各スレッドは、一定の制約内で他のスレッドの完了を待つことなく同時にそれぞれ進行できる。非同期では他のスレッドの応答も一定の制約内で待たなくてよくなる。エドガー・ダイクストラやアントニー・ホーアが、並行計算のパイオニアとして名高い。

アクセス数: 1322
記事一覧に戻る