秀桜会

用語集 Glossary

受験関連用語集

共通部分 (数学)

数学において集合族の共通部分(きょうつうぶぶん、英: intersection)とは、与えられた集合の集まり(族)全てに共通に含まれる元を全て含み、それ以外の元は含まない集合のことである。共通集合(きょうつうしゅうごう)、交叉(こうさ、交差)、交わり(まじわり、meet)、積集合(せきしゅうごう)、積(せき)などとも呼ばれる。ただし、積集合は直積集合の意味で用いられることが多い。

アクセス数: 1503
記事一覧に戻る