秀桜会

用語集 Glossary

受験関連用語集

図法幾何学

図法幾何学(ずほうきかがく、英:Descriptive geometry)は、特定の一連手順で2次元や3次元物体の表現を可能にする幾何学手法。結果として得られる技術は工学、建築、デザインそしてアートにとって重要。図法幾何学の理論的基礎は平面幾何学的な投影によって提供される。この技術の最初期に著名な出版物は、アルブレヒト・デューラーによるニュールンベルグ、Linienで出版された『Underweysung der Messung mit der Zirckel und Richtscheyt』であった。また、ガスパール・モンジュは一般に「図法幾何学の父」とみなされている。彼は最初に軍事要塞の草案者として働いていた1765年に、幾何学的問題を解決するための技術として開発し発表した。
モンジェの方法によって、仮想物体を3次元でモデル化することができるよう描画が可能となる。これにより想像上の物体のすべての幾何学的側面は、真のサイズ/スケールおよび形状で説明され、空間内の位置から見たときに撮像することができる。すべての画像は2次元表面上に表示される。
図法幾何学は想像上の物体から放射され、投影の仮想平面と直角に交差する架空の平行投影の画像生成技術を活用する。交点の累積ポイントは、所望の画像を生成する。

アクセス数: 1468
記事一覧に戻る