秀桜会

用語集 Glossary

受験関連用語集

線型代数学

線型代数学(せんけいだいすうがく、英: linear algebra)とは、線形空間と線形変換を中心とした理論を研究する代数学の一分野である。現代数学において基礎的な役割を果たし、幅広い分野に応用されている。また、これは特に行列・行列式・連立一次方程式に関する理論を含む。線形などの用字・表記の揺れについては線型性を参照。
日本の大学においては、多くの理系学部学科(特に理学部・工学部)で解析学(微分積分学)とともに初学年から履修する。高校教育においては平成27年度からの新課程では数学Cの廃止に伴い行列の分野が除外されている。 但し、2022年(令和4年度)からは数学Cが復活しベクトルと共に行列の分野が高校教育に再導入される。

アクセス数: 1416
記事一覧に戻る