秀桜会

用語集 Glossary

受験関連用語集

有限群

数学および抽象代数学において、有限群(ゆうげんぐん、英: finite group)とは台となっている集合Gが有限個の元しか持たないような群のことである。20世紀の間数学者は、特に有限群の局所解析や、可解群や冪零群 の理論などといった、有限群の理論のさまざまな面を深く研究していた。全ての有限群の構造の完全な決定は余りに遠大な目標だった: あり得る構造の数はすぐに圧倒的に大きくなった。しかし、単純群の完全な分類という目標は達成された。つまり任意の有限群の「組み立て部品」は現在では完全に知られている(任意の有限群は組成列を持つ)。
20世紀の後半には、シュヴァレーやシュタインベルクといった数学者によって古典群や関連する群の有限類似の理解が深まった。それらの群の族の一つには有限体上の一般線型群がある。

有限群は、ある数学的・物理的対象の構造を保つ変換が有限個しかない場合に、その対象の対称性を考えるときに出て来る群である。他方で、”連続的対称性”を扱っているようにもみなせるリー群の理論は、関連するワイル群の影響を強く受ける。有限次ユークリッド空間に作用する鏡映によって生成される有限群も存在する。それゆえ、有限群の特性は、理論物理学や化学などの分野で役目を持つ。

アクセス数: 1433
記事一覧に戻る